土地の価値をあげる

リビング

そもそもリノベーションとは何か

リノベーションについて知ったのはテレビ番組を通じていという人が結構多いのではないでしょうか。リノベーションとは、リフォームの1種ですが、リフォームは購入した土地の価値に戻すことに対して、リノベーションは新築した時以上の価値にすることです。 新築の時以上の価値というのは、たとえばキッチンをシステムキッチンにしたり、部屋の壁を取り外し自由に変更したり、一階の南向きのリビングの日当たりが悪い時は、二階部分に大きめの窓をつけておき吹き抜けにしたりすることです。 このように、住宅を改良することでより使いやすい住宅が出来上がります。住宅を新築の時に戻すだけでなく新しく価値を高めることでよりすみやすい住宅になるのです。

ワンルームマンションにも効果的

例えば、投資家が中古マンションを購入した場合、その中古マンションの空室を減らすためには何をしたらいいでしょうか。 この対策を考えるのはなかなか頭が痛いところですが、実はリノベーションをすることでマンションの空室をなくすことができるのです。よくある例として、ワンルームマンションをリノベーションしてシェアハウスやソーシャルアパートメントにしてしまうことです。 ソーシャルアパートメントの作り自体は、基本的にはワンルームですが、水回りを1カ所に集約することで共有スペースというものを設けます。最近はこの共有という言葉が20代や30代の間でもよく使われます。このような使い方をすることで空室を減らすことができるのです。